Breadcrumb

文書の詳細情報

全文閲覧(PDF)は会員限定メニューとなっております。
文書番号
9760
文書種別
法令法規
カテゴリー
外貨管理 / 輸出入
タイトル
銀行の貿易書類審査関連業務展開の円滑化に関する通知
公開日
2017-04-06
公布日
2017-04-04
施行日
2017-05-01
番号
匯発[2017]9号
主管部署
国家外為管理局
中文本文(抜粋)
(中文原文) 关于便利银行开展贸易单证审核有关工作的通知 国家外汇管理局 汇发〔2017〕9号 2017年4月4日发布 2017年5月1日施行 国家外汇管理局各省、自治区、直辖市分局、外汇管理部,深圳、大连、青岛、厦门、宁波市分局;各中资外汇指定银行:   为进一步便利银行开展贸易真实性审核工作,提升贸易便利化水平,根据《中华人民共和国外汇管理条例》等规定,国家外汇管理局决...
日文本文(抜粋)
(日文訳) 銀行の貿易書類審査関連業務展開の円滑化に関する通知 国家外為管理局 匯発[2017]9号 2017年4月4日発布 2017年5月1日施行 国家外為管理局の各省・自治区・直轄市の分局・外貨管理部、深セン・大連・青島・厦門・寧波市の分局、各中資外貨指定銀行:  銀行による貿易の真実性審査業務の展開をより便利にし、貿易の円滑化レベルを引き上げるため、『中華人民共和国外...
中文全文(*PDF)
 中国語 (170KB) 
日文全文(*PDF)
 日本語 (140.2KB) 
コメント

◆狙い

国家外為管理局が貨物貿易外貨管理システム(銀行版)の「通関情報検査ツール」を銀行へ開放することで、銀行が行なう貿易の真実性審査業務をより便利にし、貿易の円滑化水準を引き上げることが狙い。

◆ポイント

・銀行は1件当たりの金額が10万米ドル超の貨物貿易の対外支払い業務(オフショア転売取引業務除く、以下同)を処理する場合、現行規定に基づく取引書類審査に加え、「通関情報検査ツール」を利用し企業の輸入通関電子情報を確認することが原則義務付けられた。尚、10万米ドル以下の場合は、銀行の判断で確認の要否を決定する。

・企業は貨物貿易の対外支払いを行う際、銀行へ通関情報を提供しなければならないことが明確化された。

・銀行は企業の注意警戒情報をシステム内に登録しなければならず、全国の銀行と情報を共有できるようになった。

◆日系企業への影響

・輸入貨物の対外支払いを行なう際、輸入通関情報を銀行へ提出しなければならず、輸入決済頻度の高い企業は事務負担が増加する。

・輸入通関情報を期限内に提出できない場合等、対外支払いの不能や遅延が懸念される。